頑張るママの派遣会社情報

主婦向け派遣会社の評判比較ランキング【主婦だって派遣!】

働き方

派遣社員と正社員の違い!主婦目線で何を優先するか?

投稿日:2015年12月22日 更新日:

おt派遣社員と正社員の違い

本記事では、派遣社員と正社員の違いについてご説明します!

派遣社員と正社員の違いは、契約の違いだけなく業務内容にも相違する部分があります。

仕事量は社員並みなのにボーナスも出ない、派遣は可愛そうな存在なのかと思っている方も多いようですが、

そうではありません。

 

派遣社員と正社員を比較してみると、子供を育てながら働く上で融通が利くのは派遣社員の方です。

正社員でキャリアを積むのは素晴らしいことですが、今のあなたが優先するべきことは何でしょうか?

派遣社員と正社員の違いを、具体的にみていきましょう。

派遣社員と正社員の違い

正規雇用と非正規雇用

正社員は会社と直接契約を結び、その会社で働く形態です。それに対し、派遣社員は派遣会社と契約を結び、派遣先に派遣(出向)されて業務を行います。

 

大雑把に言うと、派遣会社は他の会社に入り仕事をする助っ人的な存在になります。

契約期間は正社員の場合は無期限で務めることができますが、

派遣社員は月単位での契約になり、長期間契約で仕事を始めたのに半年~1年で期間満了になるケースもあります(多くの場合、半年ごとに契約の更新が行われます)。

派遣社員は社会から軽視されがちですが、ちゃんと契約に基づき企業にやとわれているので、「いきなり明日から仕事に来なくていいです」なんて乱暴な扱いをされたりしません。

そこはご安心ください。

 

正社員は月給制で月に2回程度の賞与があり、年に1回は昇給のチャンスもあります。

派遣社員は時給制で、ボーナスはありません。それどころか、交通費も出ないこともあるので、ちょっと切ないです。1年ごとに昇給を要望することはできますが、難しいところでしょう。

社員に対する投資

正社員契約の場合は、企業は人材育成に力を入れます。

スキルアップの時間をもうけ、職種によっては資格獲得の補助金が出されます。長期にわたり活躍する、優秀な社員を大事に育てていくわけです。

 

派遣社員の場合は、率先力を求められるため業務に対するレクチャーはあまり時間をかけず、早急に現場デビューとなるでしょう。

産休代替・業務過多で派遣スタッフを増員することが多いので、勉強している時間があったら早く仕事を始めて欲しいといったところです。

初めは戸惑うこともありますが、実践的に仕事を覚えられるから慣れるのも早いですよ。

 

派遣社員のスキルアップに関しては、派遣会社がフォローしてくれます。スクールの紹介があったり、パソコンスキルのためのオンラインソフトを用意している派遣会社もあります。

基本的に独学で学んでいくスタイルですね。

仕事の質と量と責任

派遣社員と正社員の違い2
仕事の質と量、ともに正社員の方が重くなるのは当然です。

業務は個々の責任で進行し、不具合や納期遅れが発生した場合は会社の信用を落としてしまいます。時間内に終わらない作業は、残業や休日出勤をしてまかないます。

派遣社員も、正社員と同様の業務をこなす現場もあります。ですが、社員の補助的な位置づけで業務をこなし、最終的なチェックを正社員が行う会社がほとんどです。

仕上げた仕事に欠陥があった時に「派遣社員がやったので責任は持てません」という言い訳はできませんよね。

残業をする場合は、通常時給の1.25倍の時給が支払われます。

派遣先で業務に携わった時間は管理されており、サービス残業やサービス出勤はありえません。正社員が残業であっても派遣は帰宅許可がおりることもあります。

 

ここで気をつけたいのは、派遣の仕事は楽で責任がないと勘違いしないことです。

 

最終チェックは正社員がする場合であっても、ミスがないように最善の注意を払い、出来るだけ早く正確に業務をすすめなければなりません。

仕事は常にチームワークですので、自分の失態は誰かの迷惑につながっていることを理解しましょう。

福利厚生や有休などはどちらも充実している

厚生年金・健康保険・雇用保険は、正社員と同様に派遣社員も加入することができます。

派遣先で加入するのではなく、派遣会社の方で加入します。混乱しそうになるけれど、お給料も派遣会社から出るのでお間違えの無いように!

有給は、採用された6ヵ月以降に発生しますが、これも派遣・正社員は同じタイミングです。

 

先ほどご紹介した通り、残業手当、休日出勤手当、すべて労働基準法に基づいた賃金が支払われます。

派遣会社はスタッフが働きやすい環境づくりに力を入れており、福利厚生が充実している会社が多いですよ♪

これから始めるなら派遣社員がおすすめ

派遣社員と正社員の違い3

【この記事のまとめ】
・正社員は正規雇用、派遣社員は非正規雇用
・企業は正社員に対し時間とお金を惜しまない
・派遣社員のスキルアップは派遣会社がサポートする
・正社員の方が仕事量が多い
・これから求職活動するなら派遣がおすすめ

派遣社員と正社員の違いを、かなり簡単にまとめてきました。

あなたに考えていただきたいのは、今から就職するとして、派遣社員と正社員のどちらの方が働きやすいかです。どっちが悪いということではなく、

自分のライフスタイルと照らし合わせてみてくださいね。

 

長期的に同じ職場で働き、スキルアップしながら責任ある仕事をしたいのなら正社員ですね。難易度の高い業務をこなせるようになればお給料も上がるし、ボーナスだってもらえます。

決められた期間で勤務にあたり、子供の成長とともに仕事内容を選択していく方が良ければ派遣社員。

1日だけの単発の仕事、3ヶ月だけの短期の仕事など、選択肢も多いです。ボーナスは出ないけれど、時給は高く保育料を十分に補えるだけの収入を得られるはずです。

 

正社員なら中途採用になるので、仕事に使える資格を持っているか、特殊な職歴を経験していないと難しいかもしれません。

派遣社員なら、派遣会社に登録すれば電話で次々と仕事を紹介してもらえます。

 

……こうやって書くと、派遣社員の方がイイですよ!と言っているように聞こえてしまいますね(笑)

実際のところ、私は子供が小さいうちは派遣スタッフという働き方はベストじゃないかと思っています。

仕事探しに時間がかかると心の負担が大きいんですよね。早く働かなきゃ、頑張らなきゃと焦ってイライラしちゃったり。

 

子供と一緒の時間も、常に求人をあさってソワソワイライラ。

これじゃあ何のために働きに出るのか、わからないでしょう?

子供のために、家族のためにお金を稼ぎたいのに、大切な子供との時間をないがしろにしてしまうなんて悲しいです。

できるだけ早く仕事を見つけたいのなら断然、派遣社員がおすすめです。

 

もしも正社員の働き口にコネがあるのなら、使っていいと思います!

先のことを考えれば、正社員は魅力的です。あなたにとって大切なことはないか、何を優先するべきかをよく考えて、雇用形態を選びましょう。

派遣社員として働き始めて、数ヶ月後には正社員になれる「紹介予定派遣」もありますので、検討してみてください^^

-働き方

Copyright© 主婦向け派遣会社の評判比較ランキング【主婦だって派遣!】 , 2017 AllRights Reserved.