頑張るママの派遣会社情報

主婦向け派遣会社の評判比較ランキング【主婦だって派遣!】

働き方

ママ歓迎・子育て中の女性歓迎の職場は休みが取りやすい?

更新日:

ママ歓迎・子育て中の女性歓迎の求人はどんな職場なの?

本記事では、仕事を探しているママにおすすめの職種をご紹介します!

 

どれだけやる気があってもスキルを備えていても、子育てながら務めるのは大変です。

仕事に専念できるわけもなく、保育園の送り迎えに時間を追われ、遊びざかりの幼児のお相手。洗濯物も多いし、食事だって栄養バランスを考え品数も多めに作る。

求人を見ていると、「ママ歓迎」の項目が目につきます。

歓迎ということは、女性が働きやすい環境ということでしょうか?

小さなお子さんがいらっしゃる女性を積極的に雇用している職場の特徴と仕事の探し方をみていきましょう。

ママ・子育て中の女性歓迎の職場とは?

どんな業種?

既婚女性が活躍している業種は多々ありますが、小さなお子さんがいらっしゃる方を積極的に採用しているお仕事は以下の通り。

【子育てママを採用する業種】
・データ入力
・コールセンター
・営業アシスト事務
・販売員
・サンプル配布員   などなど

 

電話応対のあるお仕事は、男性よりも女性の方が向いています。

20代に比べ、30代・40代の主婦は落ち着いた雰囲気があり、電話越しの会話がスムーズに聞こえるのです(*若い女性の声が聞き取りにくいという意味ではありません)

販売員やサンプル配りなど、接客を要する仕事の求人も主婦向けに出されています。

婦人服・飲食店での募集が多いですね。お客さんの立場だったら、同じ年代の店員の方が話しかけやすいですよね?

 

データ入力・一般事務職は、実直に作業に取り組む集中力が必要です。

若い方の方が覚えるのが早いといいますが、過去に勤めた経験があったり独学でブラインドタッチを覚えてる女性は、現場で重宝されています。

未経験であっても、手際の良さが主婦の魅力なんです。

 

主婦を積極的に雇用している会社は、チームワークが良いのも嬉しいですね。

お互いにフォローしあうことができますし、同じように子供を育てている女性が新規採用された時は、アドバイスもかけやすい。とてもいい循環です。

金融系・翻訳系はキャリアを要しますが、それ以外は未経験OKのお仕事ばかり。やってみたいお仕事は見つかりましたか?

フルタイム?パートタイム?

雇用形態も選べます。お子さんの預け先が決まっていない方は、1日何時間働くか、週に何日働くかも考えてみましょう。

【主婦の勤務形態】
・9時~17時のフルタイム
・10時~15時のフルタイム
・12時~16時のパートタイム
・土日祝休み
・週3~4日程度
・土日祝日のみ  などなど
【いくら稼ぎたいのか】
・扶養内で働くならパートタイム(月5~8万円程度)
・ガッチリ稼ぐならフルタイム(月15~20万円程度)

 

子供を保育園に預ける場合は、月3~7万円程度の保育料が発生します。

それを補いつつ、差し引きどれくらいの収入が欲しいのか、具体的に検討してみてください。

フルタイムで働きたいのなら、オフィスワーク系・コールセンター系のお仕事がおすすめです。パートタイムでも事務職はあります。

接客業だと土日休みが取れないお店がほとんどですので、旦那さんと相談しましょう。

 

オフィスワークなら派遣のお仕事がおすすめ!

パートよりも時給がずっと高いですし、求人がたくさん出されています。派遣会社の方で希望する条件のお仕事を探してくれますし、自分で探すよりも楽チンです。

下のページで派遣会社の紹介をしていますので、参考にしてくださいね。

 

求人情報に「働くママ活躍中」と書かれている仕事があればチャンス!現役主婦が勤務している職場なので、子育てに理解があり女性の働きやすい環境が整っているはずです。

子育てに理解があるということは、子供が急に熱を出した時も休みやすい…?

それは何とも言えません。わかっているのは、仕事を休まれたらどんな職場だって困るということです。

休みが取りやすい?

ママ歓迎・子育て中の女性歓迎の求人はどんな職場なの?3
人を雇うのは、仕事があるから。人員不足だから従業員を増やすんですよね。

子供が小さいからといって、しょっちゅう休まれたら職場は混乱します。休んでも大丈夫な程度しか仕事量がないのなら、初めから雇ったりしません。

子育てに理解があって女性が働きやすい環境というのは、休める職場という意味ではないんです。

【ママが働きやすい環境】
・パートタイムの仕事
・職場・トイレ・食堂などが綺麗
・事前に申し出をすれば休暇が取りやすい

 

職場が清潔に保たれていたり、休憩室も綺麗でお洒落だったり。仕事も分担し1人に負担がかからないように工夫していたり。残業が出ない業務の流れが作られていたり。

保育園の用事・旅行など事前に予定を組めるものなら、社内で相談して支障なく休暇が取れるでしょう。

 

突発的に休まないといけない時もあります。極力避けたいですが、どうしてもという時は出てくると思います。

そういう場合は、雰囲気が悪くなって出勤しずらくならないように、社内でコミュニケーションが取られるはずです。

主婦だから特別扱いをするのではなく、女性に居心地の良い人間関係を作る。

これが「ママ歓迎・子育て中の女性歓迎」の職場は目指している環境なのです。

先輩ママのライフプランをお手本に!

【この記事のまとめ】
・子育て中の主婦が活躍する仕事は多数ある
・オフィス系、ショップ系など女性向けの仕事
・フルタイムとパートタイムどちらで働くか考える
・どんな職場でも急な欠勤は困る
・派遣会社に登録すれば早く仕事が見つかる

先輩ママがいる職場なら、相談にのったり相談にのってもらったり、子育ての悩みも解決しながら働けるはずです。

共働きが増えていますし、仕事探しをしている主婦は大勢います。生後0歳の赤ちゃんを抱いてハローワークに足を運ぶ方も、よくみかけます。

皆さんに頑張って欲しい、だけど自分の仕事を決めるには、他の方々はライバルとなってしまいます。

 

ライバルより一歩先に採用されるためには、求人を探す手をとめないことです。

ハローワークで希望条件にあった仕事を探すのは本当に時間がかかるし、応募しようとしても、すでに締め切られていることがあります。

これを繰り返していたら、時間はどんどん流れていってしまい、焦って時間ばかり過ぎていきます(><

求人広告・求人サイト・ハローワークだと、子育て中の主婦が働ける仕事は倍率が高くて、採用されるのが難しいでしょう。

もし「パートタイム・日中のみ・扶養内」で仕事を探しているのなら、派遣会社にもぜひ登録して見てください。

専属のコーディネーター(仕事を選んでくれる人)がついて、希望条件にあった求人を紹介してもらえますよ^^

-働き方

Copyright© 主婦向け派遣会社の評判比較ランキング【主婦だって派遣!】 , 2017 AllRights Reserved.