工場で働こう!おすすめの製造系派遣会社

イチオシ製造系派遣会社

製造系派遣は、男女年齢を問わず初めてでも気軽に働くことができるのでおすすめです!

しかも、「土日祝が休み」「日勤のみ」「時給1000円以上」など、子育てで時間にゆとりの少ないママにとって、好条件の求人を選ぶことができます。

  • 平日のみの勤務でしっかり稼ぎたい
  • 土日祝は子育てに専念したい
  • 未経験OK・スキル不要の仕事を探している

飲食店やスーパーのレジ打ちよりも、無理なく働けるのが嬉しいですね。

この記事では、初めて製造系派遣にチャレンジしようか悩んいでいる貴方に、主婦に人気の製造系派遣会社と、工場の仕事や求人内容についてご紹介します。

工場のお仕事多数!主婦向けの製造系求人に強い派遣会社

派遣求人は、現在募集されている求人内容(勤務地・仕事内容・時給など)で決めるのではなく、派遣会社で選ぶ必要があります。

良い条件のお仕事は多くの登録スタッフが狙っていますので、もし他の人に先を越されてしまったら別の求人を探さなくてはいけなくなりますよね。

それをふまえて、「女性向け求人数の豊富さ」や「対応が良いと口コミで評判」をチェックしましょう。おすすめはコチラです♪

未経験でも安心の軽作業やガッツリ稼げる派遣求人なら
「テクノサービス」

  • 製造系派遣求人数は業界トップ
  • 誰でも簡単にできる軽作業が多数あり
  • お給料前がり・お財布支援制度あり!
  • 単発・短期〜長期など働く期間を選べる
  • ほとんどのスタッフが未経験から始めている

 

安心の優良派遣事業者「ランスタッド」

  • 厚生労働省「優良派遣事業者」に認定されている
  • 世界最大級の総合人材サービス会社。
  • 時給高めの求人が豊富
  • 外資系・金融系・経理事務の求人に強い
  • 派遣先でスキルアップができる

 

製造派遣求人の総まとめ「工場WORKS」

  • 製造系派遣求人数は業界トップ
  • 工場未経験でも安心の軽作業が多数あり
  • サイト登録不要!すぐに仕事エントリーできる
  • 女性歓迎・未経験歓迎・主婦向け求人が充実
  • 女性専用の検索フォームで簡単にいい仕事が見つかる!

 

女性向けの工場求人ってどうなの?

「工場で派遣社員として働きませんか?」と言われたら、ちょっと身構えてしまうでしょう。

工場の仕事のイメージ

  • 職場環境が汚そう
  • 体力を使う仕事が多そう
  • 手先が器用じゃないとできなそう
  • 人間関係がギスギスしてそう

 

職場環境がヒドくてすぐ辞めるはめになるんじゃないか……、なんて悪いことばかり想像してしまいそうですね。

ところが工場派遣のお仕事は、小さなお子さんがいるママから40代50代の女性まで、幅広い年代の主婦の方が働いています。

もちろん、みなさんイヤイヤ働いているわけではありません。

 

なぜ多くの主婦に工場の仕事が人気があるのだと思いますか?その理由は次の3つです♪

 

主婦に工場派遣のお仕事が人気な3つの理由

1.未経験から始められる軽作業が豊富

工場のお仕事には色々な種類がありますが、一番求人が多いのが「軽作業」です。

軽作業とは?

仕分け・組み立て・検査・梱包・盛り付けといった、手順通りに進めば誰にでもできる作業です。

工場で働くスタッフのほとんどが未経験から始めていて、まずは製造現場の雰囲気になれたい方は、軽作業がおすすめ。

重いものを運ぶような体力を使う仕事はほとんどなく、女性でも不安なく働けます。

 

製造系の会社では、製品の出荷が増える時期(繁忙期)になると多くの派遣スタッフが必要になります。短期間できっちり稼ぎたい方には、残業を見込めるお仕事もあります✨

製品によって繁忙期が異なり、年中求人がたくさん出されている状態なので、今すぐ働きたいのなら軽作業の仕事を探しましょう♪

 

2.事務系・接客系より休みが取りやすい

事務系の会社は、できるだけ少人数のスタッフで業務をまわす仕組みになっています。

そのぶん、スタッフ一人一人の仕事に対する責任は重く、その人にしかできない作業も多くなってきます。

 

小さなお子さんがいると、突発的な風邪・病気でお休みしないといけない時がありますよね。平日の行事で、学校に行く時もあります。

やむを得ず会社に欠勤の連絡をすると「どうしても来て欲しい」「また休みなの」と嫌味を言われたり……。

翌日以降も、職場で居心地の悪い空気になるかもしれません。

 

接客業も同じように、必要最小限のスタッフでお客さんをお相手にしていているので、出勤当日にドタキャンされたら困ります。

しかも土日祝は出勤で平日休みだったり、家族と生活リズムを合わせるのが大変。

 

その点、工場の仕事はカレンダー通り「土日祝休み」の企業が多く、ゴールデンウィーク・お盆・年末もしっかり連休が取れます。

軽作業のような、一度に多くの派遣スタッフを募集されるお仕事なら、休みをとっても比較的業務への支障が少なくないので、

休みの連絡もすんなりOKが出るでしょう。

 

いつでも休んで良いわけではありませんが、

緊急に当日休みをとる可能性があるのなら、事務系・販売系のお仕事よりも工場の仕事の方が主婦に向いていると言えますね。

 

3.服装自由な職場が多くお金がかからない

オフィスで働くなら、オフィスカジュアルなきちんとしたファッションで出勤する必要があります。

接客業だとメイクと髪型が厳しく、髪を染めないと採用されないケースがあります。

 

工場の仕事は? というと、「服装自由!メイク時給!」 ほとんどの現場で、ほぼ決まりがない状態です。

仕事中は作業着が支給され、何を着ていっても仕事に影響がありません。

素足・サンダルはNGな工場が多いですが、現場用に靴下とスニーカーを用意してロッカーに入れておけば良いでしょう。

(*食品系・化粧品系の製造工場では、アクセサリー禁止・髪の毛をしっかり帽子に入れるように指導されることがあります)

 

仕事帰り、ママチャリに乗って子供のお迎えに行く主婦にとって、服装自由なんてすごく助かりますよね。

 

子育て中ママならパートより派遣で働こう♪


主婦が働くなら、事務職・接客業よりも工場の仕事の方が働きやすいとお伝えして来ましたが、

「パート契約か派遣契約のどっちがいいのか」と疑問に思われるかもしれません。

派遣切りという言葉を聞いたことがあると、突然辞めさせられるのではと不安になるでしょう。

ですが、パートで働くよりも派遣の方が絶対にお得なんです。パートと派遣を比較してみました!

 

パートより派遣の方が時給が高い

パート・アルバイトよりも、派遣スタッフの方が時給が高い職場が多いです。

これは製造以外の職種でも同じ状況です。

☆仮に時給30円の差があったら?

1日7.5時間 月に21日出勤の場合

パート
時給1000円 × 7.5 × 21 = 157,500円

派遣
時給1030円 × 7.5 × 21 = 162,225円

162,225-157,500 = 4,725円の差

同じ作業をして約5000円も月収が変わってくるのなら、どう考えても時給が高い働き方をしたいですよね。

 

なぜ派遣スタッフの方が時給が高いのかというと、

パートのように企業が直接採用する人材は、求人募集からスタッフの福利厚生まで、すべてを会社が行うことになります。

その作業は、企業の正社員(給料・ボーナス・福利厚生と高額を支払っている人材)が管理するでしょう。

採用すれば、契約があるため仕事が減ったからといって簡単に辞めさせられません。

 

間接採用の派遣スタッフは、募集から採用までにかかる手間とコストを、すべて派遣会社が管理します。

そのぶん、募集する派遣スタッフは時給を高めに設定され、働く側と雇う側の両方にとって都合の良い関係を築いているんですね。

 

そんな裏事情はともかくとして、

少しでもたくさん稼ぎたいと仕事探しをしている女性に、美味しい話であることは間違いありません。

 

派遣は休みが取りやすい?

工場は比較的休みがとりやすい職場ですが、長期間働くパート社員だと人間関係・横のつながりが密接で、やっぱり休みにくいようです。

 

派遣スタッフの勤怠は、派遣先ではなく派遣元の派遣会社が管理しています。

条件を満たして半年間働けばちゃんと有給が発生しますし、福利厚生も充実しています。

スタッフ同士は干渉しすぎずに自分の仕事をこなしていくので、誰かが休んだとしてもさほど人間関係に影響が出ません。

仮に人数が足りなくなったとしても、現場でフォロー体制が取られるため業務もスムーズに進むでしょう。

 

パートよりも派遣の方が休みが取れる!

とは大きな声で言えませんが、派遣の方が働きやすい状況なのです。

 

時短派遣なら扶養内で働ける

  • 働きたいけどフルタイムは無理
  • 扶養内で働くならパートしかない?

小さなお子さんの送り迎えや、小学生のお姉ちゃんが学校から帰ってくる前に帰宅したい主婦の方。

それに、扶養内で収入を得たい方もいらっしゃるでしょう。

 

ひとむかし前では、短い時間の仕事はパートしかなかったのですが、最近では時短派遣と呼ばれる働き方が注目されています。

派遣なので時給は高めに設定されていて、週に2〜4日、1日3〜5時間だけ勤務します。1日だけの単発業もあります。

これなら短い時間でもしっかりと稼げますし、子育てとお仕事の両立がしやすいですよね。

 

時短求人は、ここ数年で急激に求人数が増えており、

仕事探しが難航している子育てママや、年齢を理由に仕事が採用されない主婦の強い味方となるはずです。

 

工場派遣の仕事で月いくら稼げる?主婦の場合

工場派遣の仕事は時給が安いだろう。

誰にでもできる軽作業でそんなに稼げるはずがない。

 

疑いたくなる気持ちもわかりますが、実際に主婦で製造業に勤務している派遣スタッフさんは、月15〜20万円の収入を安定して稼いでいます。

時給の相場は地域によって異なりますが、時給1000円〜1200円を目安にしてください。

募集要項に「残業多め」と書いている求人を選べば、残業・休日出勤をして20万円以上稼げるチャンスだってあります。

 

オフィス系の派遣求人の方が時給が高めですが、求人に対して求職者がすごく多いので、良い条件の職場で採用されるのは難しいでしょう。

それに比べ製造系なら、多くの求人が出されている軽作業の中から、自宅に近い場所・通勤に便利な職場を選ぶだけ。

しかも時給はパートよりも高めです。

 

以前ニュースで話題になっていた、仕事量が減ったら辞めさせられる「派遣切り」も、近年は雇用契約期間を守る職場が増えたので安心です(当然ですが)。

 

雇用契約期間が終わる前に次の仕事を派遣会社に紹介してもらうか、派遣求人サイトでいい仕事を探しておくことで、

無職の期間がほとんどなく安定した収入を得られます。

 

子育てをメインに!それなら時短の工場派遣で始めませんか?

工場で働くことに不安を抱くのは、みなさん未経験の方ばかり。やったことがないから、どんな仕事かわからず悪い想像をしてしまうんです。

始めの一歩は、誰でもちょっと怖い。

 

それでも、小さい子供がいるから仕事が見つからない、採用されないと時間ばかりすぎてしまうより、

早くお仕事を決めた方が安心するのではありませんか?

 

勇気を出して、工場派遣で賢く稼ぎましょう。

オフィス系よりも求人が豊富で、接客業のように土日祝の出勤はナシ。パートよりも時給が高くて、扶養内で働ける時短派遣もあります。

産後の仕事復帰に工場を選ぶ方も増えていますね。

40代50代の主婦さんだって、パートより派遣が便利だとリピートしています。

 

現場ごとにマニュアルがあり、作業に慣れるまで社員にサポートしてもらえる工場のお仕事を、

どうぞ楽しんで始めてください♪
>>主婦におすすめの製造系派遣会社に戻る

更新日:

Copyright© 主婦だって派遣! , 2019 All Rights Reserved.