派遣のお金と福利厚生

派遣社員の健康診断は義務なの?費用・時給発生など疑問に答えます

更新日:

この記事では、派遣社員の健康診断についてまとめています。

 

派遣会社に登録して一定期間働いていると、「健康診断の通知」が会社から送られてきます。

正社員なら、検診車が来て仕事中の1時間程度で終わらせられる企業が多いのですが、派遣社員の場合は自分で受けに行く必要があります。

「予約も検査も面倒だから」とスルーしたい気持ちになりますが、実は派遣会社には労働者に対して健康診断を実施する義務があるのです。

派遣社員は健康診断を受けなければいけないのか、病院に行くため仕事を休んだら時給は貰えるのかなど、よくある質問について詳しく解説します。

 

派遣社員の健康診断

義務だが受けなくてもすむ

【労働安全衛生規則】

(定期健康診断)
第四十四条 事業者は、常時使用する労働者(第四十五条第一項に規定する労
働者を除く。)に対し、一年以内ごとに一回、定期に、次の項目について医
師による健康診断を行わなければならない。

(厚生労働省・労働安全衛生法に基づく健康診断の概要より引用)

上記のように、事業者(人材派遣会社)は派遣社員に対し、定期的に健康診断を受けさせる義務があります。社員の健康を管理するのも、会社の役目なんですね。

 

受診項目は、年齢や病院によって違います。

私が派遣で工場に勤めていた時、同僚の40代女性が「注射が怖いから健康診断は受けたくない。受けない。絶対断る。」と言って、ごねていました。

血液検査が受診科目に入っていたようですが、いろんな人がいるものです。

その他、個人的な理由によって健康診断を受けたくない場合についてですが、健康診断は自分で予約して受診するため、派遣会社を通しての事務手続きはありません。

受けたか受けていないかは、派遣会社で把握していますが、とくに問われることもないでしょう。しらばっくれて、受けずに過ごすことは可能です。

ですが、自分の体調管理は自分のためにするものですよね。

健康診断を受けると、体の異変に早く気が付くことができます。1年に1度はしっかりと病院で診てもらい、大病にかかる前に予防しておくことが大切です。

 

また、仕事に対する責任もあります。

私たちは、社会人として任された業務をこなすために、毎日健康的に過ごし勤務する努力をしなくてはなりません。

もし面倒だからと健康診断の通知を無視してしまったら、後で「やっぱり受ければよかった」と思うかもしれません。

なぜなら、個人で病院に行くよりもずっと費用がかからないからです。

 

健康診断にかかる費用と検査項目


派遣社員の健康診断にかかる費用は会社によって違います。

定められた派遣会社の負担額内であれば労働者の自己負担は0円になる場合と、通常プラン料金に割引が適用される場合などがあります。

自己負担になりますが、追加オプションとしてがん検診を受けることもできます。

また、「月〇〇時間以上の就労」「半年以上の就労」など、健康診断の実施が適用されるための規定も派遣会社によって異なるようです。

 

健康診断が受けられる場所は、派遣会社から指定病院リストまたは集団検診の会場が通知されます。その中から好きな病院を選べますが、自宅から近い病院か勤務地から近い病院を選ぶと良いでしょう。

交通の便が良いところの方が、面倒がないですね。

 

【いつも通っている病院でもOK】

すでに毎年通っている病院があれば、その病院で定期健康診断を受けることもできます。受診料の後払い・交通費の支給なしといったマイナス面があるものの、自分のデータが残っている病院を選択するのはいいと思います。

先生が合わない、看護婦さんが感じ悪い病院もありますよね。健康診断は時間がかかりますし、好きな病院の方が安心という方はかかりつけ病院を選びましょう。

健康診断の当日に支払いは必要ない場合と、一度自費で建て替えて後日支払われる場合があります。

健康診断の案内書に記載されているはずですが、わからなければ派遣会社に問い合わせましょう。

 

検査項目は、身長、体重、腹囲、視力及び聴力、心電図、胸部X線、血圧、尿検査、血液検査など一般的な内容になります。

そのほか、女性は子宮頸がん検診や乳がん検診(マンモグラフィ)など、オプションにつけられるところもあります。

派遣の健康診断は何月?いつ受ければいいの?

時期としては、春(4月・5月)に行うか、秋(9月・10月)に行うことが多いです。

会社によって違いますが、毎年同じ時期に行われています。

 

健康診断当日の時給・有給・給与・交通費について


健康診断を受けるのは、半日程度の時間がかかります。平日なら、午前中か午後、勤務時間中に仕事を休まなくてはいけません。

「仕事をしていればお金がもらえたのに」「休みたくて休んだんじゃないのに」こんな不満を抱くのも、無理ありませんよね。

 

健康診断当日の処理は3通りあります。

    【健康診断を受けた日】

  • フルタイム分の時給が支給される
  • 有給を使いフルタイム分が支給される
  • 欠勤扱いになる(!)

会社ごとに説明がありますので、後で疑問が残らないように確認しておきましょう。

 

私の友人は、健康診断のために1日休んだのに、フルタイムで支給された経験があるそうです。

私は有給を使って、当日のお給料の穴埋めをしたことが何度もあります。有給がない時(使い切ったり発生前だったり)は、欠勤でした。

派遣会社が義務として健康診断を受けさせて、派遣スタッフがそれに応じたのだから、欠勤になるのは心外ですよね。でも仕事をしたわけでもなく、有給がなかったら…。

このあたりは決まりが曖昧なので、派遣会社次第になってしまいます。

 

交通費は支給されません。

遠くの病院で診断を受けたせいで、交通費が1000円以上かかってしまったりしても、それは自分の都合になります。

その点もふまえて、できるだけ近場の病院がおすすめというわけです。

 

派遣先が休ませてくれなかったら

忙しい職場だと、健康診断のために休みたいなんて言い出しにくいかもしれません。

それなら、派遣先の上司に「派遣会社から絶対に健康診断を○○日までい受けるよう、指導されている」と伝えてみてはいかがでしょうか。

営業担当から、派遣先に伝えてもらうのも良いと思います。

あなたの健康は、あなたが守らなければいけません。健康診断を受けるきっかけ、今の体調を知るチャンスを与えられたのですし、ぜひ受けてくださいね。

派遣社員も健康診断を毎年受けましょう

【この記事のまとめ】

・派遣会社はスタッフに健康診断を受けさせる義務がある
・受けなくてもおとがめなし
・時期は春か秋
・派遣会社ごとに指定された病院リストから病院を選ぶ
・費用は会社もち(保険料から支払われる)
・出勤、欠勤、有給扱いに関しては会社によって違う
・派遣先に言いづらかったら営業担当に相談
・面倒ですがたった1日のことです

 

事を休まないといけないから健康診断に受けたくない、という人は凄く多いです。

有給が付けるか確認して、自分で予約して、自費で病院に行って、混雑している病院で待たされて、しかも派遣先に対して気まずい思いをするなんて。

いいこと無しな感じですよね。

 

しかし、自費で健康診断を受けるとなれば5000円はかかります。人間ドックだと数万円かかるでしょう。

これがほぼ無料で受けます。

派遣先に対しては「派遣会社から義務として伝えられている」と説明すれば、問題ないはずです。

たった半日の健康診断のために嫌な気分になるよりも、受けると決めてサッパリした気持ちで仕事に励みましょう。健康診断のない派遣会社は、逆に考えればブラック企業と言えます。

福利厚生がしっかりしている優良な派遣会社を選べば、雇用と収入の安定につながります♪

 

派遣社員の働き方に関する記事

派遣社員の有給発生のタイミング

本記事では、派遣社員の有給発生の時期をまとめていきます。   時給で働いている派遣社員にとって、休みが多い月は死活問題ですよね。なんで今月は祝日が多いんだよとか、愚痴りたくなってきます。 風 ...

続きを見る

派遣社員は交通費が出ないのが普通なの?

本記事では、派遣社員の交通費支給についてお話します。   正社員での雇用なら、会社から交通費が支給されるのが一般的ですよね。 ところが派遣社員は、支給されない仕事の方が多いです。勤務地が遠か ...

続きを見る

派遣社員同士のトラブルや人間関係の悩みを解決!

本記事では、職場における派遣スタッフ同士のトラブルについてまとめています。   派遣で働く上で、ストレスの元のなるのが人間関係。 中でも、派遣社員同士で仲が悪くなってしまうと、仕事がやりにく ...

続きを見る

派遣切りが怖い!雇用契約ストップの理由とは?【不安】

本記事では、派遣切りが行われる理由についてまとめています。   私は子育て中の主婦の皆さんに、派遣社員で働くことをおすすめしています。 でも、ママ友の中には「派遣ですぐ首にされるんでしょう? ...

続きを見る

派遣会社選びならココをチェック!

-派遣のお金と福利厚生

Copyright© 主婦だって派遣! , 2019 All Rights Reserved.